素人がニキビをつぶしてはいけないわけ

subpage01

ニキビができると一刻も早く治したい、そう思ってつぶしてしまう人がおられます。


コメドプッシャーと言って毛穴に詰まった角栓、つまり白ニキビや黒ニキビの状態を取り除く専用の器具があるので、これを使ってつぶせば大丈夫というのは大間違いなのです。
確かに正しい使い方をすれば早く治せる可能性はありますが、素人が説明書をちょっと読んだくらいで使うのは避けたほうがいいのです。まだコメドの状態であればうまくいくときれいに治る可能性は高いですが、ここで一番問題なのが炎症を起こした状態のニキビに使ってしまうことです。

コメドプッシャーという名前のように、この器具はコメド、つまり角栓を取り除くものであってそれ以上のものではありません。つまり炎症を起こして膿を持ったような状態での使用は禁忌なのです。
これをつぶすということは醜い傷跡を残すことにつながるのです。皮膚科ではつぶすこともある、そういった医師はやぶ医者なのか、といった疑問がここで浮上するかもしれません。
医師は専門知識と高度な技術を持っている専門家です。

それに医師であれば針よりも細いレーザーなどでつぶすことも可能なのです。


私たちがつぶすと跡が残るのは不衛生な状態、不適切な器具で行うことで傷口を大きくしてしまうからなのです。
医者がつぶしているから自分でつぶしてもいいというわけではないのはこういった理由があったのです。

跡になってからでは治すのは非常に困難なので、跡を残さないためには専門医に治療を受けるのがベストなのです。
頬や顎など、お顔にできてしまうニキビは、誰かに見られたくなくて、とても気分が落ち込むだけでなく、痛みが伴うので、早く治りたいものです。

ニキビができる原因には、いくつかありますが、その中でも、毛穴に汚れが溜まってしまった事により、炎症が起こり、ニキビとなってしまう場合があります。
このような事を避けるためには、毛穴を清潔に保つために、丁寧に洗顔する事が大切です。
汚れを落としたい時に、手に力を入れて洗顔してしまう方が居ますが、そのような方法では、皮膚に余分な摩擦が加わってしまい、新たな皮膚トラブルと招いてしまう危険性があるので、注意しなければなりません。

正しく洗顔するためには、自分に合った洗顔料を、丁寧に泡立てて、キメ細やかな泡を作る事が重要です。


キメ細やかな泡ができたら、頬や額など、毛穴の汚れが気になる部分に、優しく置いてから、お顔全体を優しく包み込むように、洗っていきます。この時に、手のひらとお顔で、泡と挟むようにし、優しく丁寧に洗います。髪の毛の生え際や、小鼻や顎の周りなどは、汚れが残り易いので、汚れが残らないようしなければなりません。

しっかりと洗い流した後には、化粧水などで、お肌を整えてあげると良いです。

繰り返しニキビができてしまう場合などには、他の原因も考えられるので、皮膚科などに相談すると安心です。ニキビが出来た時に、間違って処置してしまうと、跡に残ってしまう場合もあります。

















関連リンク

subpage02














シャンプーと抜け毛の関係

シャンプーは髪と頭皮を清潔に保つために使用しますが、肌に合わないものを選んだり、間違った使い方をすると髪や頭皮に悪影響を与え抜け毛の原因にもなることがあります。一日に抜ける毛はおよそ50本から100本で、その半分以上はシャンプーで洗っているときに抜けています。...

NEXT
subpage03














正しいシャンプーの選び方

あなたは、お使いのシャンプーにこだわりがあるでしょうか。これしか使わないという銘柄が決まっている方もいれば、買い物に行ったときに安売りのものを買うという方まで、さまざまだと思います。...

NEXT