ノンシリコンシャンプーが髪にいい理由

subpage01

最近、店頭で売られているシャンプーの多くが、ノンシリコンと書いてあるものになってきました。


ノンシリコンというと髪にいいイメージがありますが、シリコンが入っている商品は髪に何か悪影響があるのでしょうか。
シリコンが入っていると、シリコンが毛穴に詰まってしまってよくない、という噂もありますが、果たして本当にそうなのでしょうか。そもそもシャンプーやトリートメントなどにシリコンが入っている理由は、髪をコーティングし、指どおりを良くしたりツヤを出すためです。

また、髪に皮膜ができて少し重くなるため、髪がパサついて広がってしまうという場合も、シリコンで少し落ち着かせることができます。


このようにメリットのあるシリコンですが、ノンシリコンの商品が増えているのは何故なのでしょうか。

それは、シリコンがシャンプーに入っていると、メリットばかりではないからです。トリートメントに入っている分には、先ほどのようなメリットが得られるシリコンですが、シャンプーに入っている場合はそうとは限りません。


シャンプーの役割は汚れを落とすことですが、そこにコーティング剤であるシリコンが入っていると、まったく逆の働きを同時に行うことになります。


その結果、汚れを落とすことも、髪をコーティングすることも中途半端になってしまうのです。


なので、どちらともにシリコンを入れるのではなく、頭皮や髪の汚れをしっかりと落としてから、保湿成分などと共に髪をコーティングするという流れを作る意味で、ノンシリコンの商品が増えているというわけです。
現に、店頭に並んでいるノンシリコンの商品にも、トリートメントにはシリコンが入っているというものが多く見受けられます。
決してシリコンが入っているからダメ、というわけではないので、配合成分などをよく見て選びたいですね。

せっかく髪に良いと評判のシャンプーを買ったのに全く効果が感じられない、毎日洗っているのにニオイが気になるなど、髪に悩みを抱える人は多いようです。
それらの原因は、シャンプーの仕方に起因することもあるようです。


今一度、正しい髪の洗い方をおさらいしてみてはいかがでしょう。まず、髪を洗う前は、しっかりとブラッシングをし、髪の絡まりを解し、余分なホコリなどを落としておきます。


そして、お湯で頭皮からしっかりと濡らし、整髪剤やスプレーなどを洗い流します。

こうした下準備を行うことで、シャンプーの力を十分に発揮できる土台作りができます。


次に、手のひらで泡立てたシャンプーを、頭皮につけて髪を洗います。髪ではなく、頭皮を洗うことがポイントになります。

指の腹を使い、ジグザグや円を描くようにマッサージしながら行います。
泡立てずに原液を頭皮に直接つけるのはNGです。


頭皮全体に液が行き渡らず、洗い残す部分もでてくるため、しっかり泡立ててからつけるようにしましょう。
また、美容院などで購入した低刺激のシャンプーは、2度洗いしても大丈夫ですが、洗浄力が高めの市販のものは、刺激が強いため一度洗いが無難です。すすぎはしっかりと行い、ぬるっとした感触が残らないようにします。

すすぎ残しは、毛穴の詰りを引き起こし、ニオイや抜け毛などの原因となります。

すすぎすぎたかな、というぐらいの気持ちで洗い流します。正しく洗って、髪の悩みを改善しましょう。

埼玉のVIO脱毛の補足説明を致します。

こだわりの高い新宿の医療脱毛を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

町田で医療レーザー脱毛の様々な情報を掲載しています。

多角的な視点から銀座のくすみ治療の情報が満載です。

自分に合った新宿の自毛植毛サイトを見つけることができました。

http://top.tsite.jp/news/beauty/o/22746998/

http://girlschannel.net/topics/196647/

https://allabout.co.jp/gm/gc/464577/

関連リンク

subpage02














シャンプーと抜け毛の関係

シャンプーは髪と頭皮を清潔に保つために使用しますが、肌に合わないものを選んだり、間違った使い方をすると髪や頭皮に悪影響を与え抜け毛の原因にもなることがあります。一日に抜ける毛はおよそ50本から100本で、その半分以上はシャンプーで洗っているときに抜けています。...

NEXT
subpage03














正しいシャンプーの選び方

あなたは、お使いのシャンプーにこだわりがあるでしょうか。これしか使わないという銘柄が決まっている方もいれば、買い物に行ったときに安売りのものを買うという方まで、さまざまだと思います。...

NEXT