ニキビを悪化させる食べ物

subpage01

ニキビの原因にはホルモンバランスの乱れや睡眠不足、ストレスなど様々な要因が考えられます。
そして食べ物もニキビを作ったり、悪化させたりします。
まず、飲み会でよく注文する唐揚げです。


肉の脂質だけでなく、衣にも多くの油を含んでいます。皮脂の分泌が増えるので、ニキビがあるときは食べない方が良いです。

スイーツも皮脂の分泌を促進します。
スイーツには乳製品や砂糖を大量に使用しています。

またスイーツを食べるときに、多くの人がミルクティーなど甘い飲み物を合わせます。

特に女性に多い傾向で、糖分や乳製品の摂り過ぎに注意します。次に、ナッツ類です。


ナッツ類自体は健康食品として知られていますが、食べ過ぎるとニキビできやすくします。


お酒のおつまみに出されるピーナッツなど、気づかないうちに食べ過ぎていることが多いです。

そして、インスタント食品も控えます。


インスタント商品には様々な添加物を含んでいます。
砂糖と同じ働きでアンドロゲンというホルモンを急増させて、肌に悪い影響を与えます。


さらに、コーヒーをよく飲む人は注意が必要です。
コーヒーに含まれているカフェインは、ビタミンB群の吸収を妨げます。


コーヒーの他にもカフェインが含まれている飲み物があります。

例えば紅茶や緑茶などです。

気分をリフレッシュしたいときに活躍する飲み物が多いですが、ニキビには良くありません。

代わりにほうじ茶やごぼう茶、ハーブティーなどを飲むと良いです。ニキビを隠さないで外出することは、炎症を起こしている部分をそのまま紫外線やホコリなどのダメージにさらすことでもあります。
肌を刺激から守ろうと働くので、角質が厚くなり毛穴が塞がってさらにニキビができやすい環境を作ってしまいます。


よって肌が荒れているときは、外部の刺激から守るためにメイクでカバーすることが大切です。
まず、下地の代わりに保湿力の高い美容液で肌に潤いを持たせます。


ファンデーションは油分が入っているので、油分を一切含まないフェイスパウダーを使います。

最近ではニキビ肌のためのミネラルファンデーションに人気があります。

しかしミネラルとは無機質を意味しており、天然の鉱物で作られたものは全てミネラルファンデーションになります。


中にはミネラル以外の成分を含んでいる場合があるので、成分表示をよく確認することが大切です。
液状になったリキッドファンデーションは、肌に大きな負担をかけるので使用は控えます。
目立ったニキビはフェイスパウダーを使う前にコンシーラーを用います。コンシーラーは最もカバーできるスティックタイプを選びます。

色は自分の肌よりワントーン暗いと思われるものが適しています。

自分の肌と同じかあるいはそれ以上明るい色のコンシーラーを使うと、白浮きしてかえって目立ちます。


コンシーラーはなるべく厚塗りにならないように気をつけます。

赤みがひどい場合は、ニキビに何回も塗るのではなく、周りに塗ってから徐々に馴染ませます。

















関連リンク

subpage02














シャンプーと抜け毛の関係

シャンプーは髪と頭皮を清潔に保つために使用しますが、肌に合わないものを選んだり、間違った使い方をすると髪や頭皮に悪影響を与え抜け毛の原因にもなることがあります。一日に抜ける毛はおよそ50本から100本で、その半分以上はシャンプーで洗っているときに抜けています。...

NEXT
subpage03














正しいシャンプーの選び方

あなたは、お使いのシャンプーにこだわりがあるでしょうか。これしか使わないという銘柄が決まっている方もいれば、買い物に行ったときに安売りのものを買うという方まで、さまざまだと思います。...

NEXT