市販のニキビケア用品

subpage01

皮膚科に行けば、ニキビ治療用の抗生物質をもらえる可能性はあります。
しかし、症状が軽いともらえない事もありますし、皮膚科医の方針によって抗生物質はよほどの事がないと処方していない事もあります。



その場合には、自分にあった市販のニキビケア用品を見つけると良いです。



大人ニキビ用のケア用品であれば、化粧水、洗顔料、ジェルクリーム、などがセットになっているものもあります。



処方薬ではないので抗生物質のような殺菌作用はありませんが、抗生物質を使いたくないという人には向いています。
殺菌成分に使われているのは、グリチルレチン酸などがあります。


潤いを保つための成分が含まれている化粧水もあります。
他のケア用品では、角質をはがすピーリング効果がある製品もあります。
肌が刺激を受けると角質が厚くなってしまい、皮脂が毛穴に詰まってしまう原因になります。



それを改善するのがピーリングです。
ピーリングは美容皮膚科などで酸性の溶液をつけて行う方法もありますが、それが自宅でじっくり出来るのが特徴です。



医療用品でないので即効性はありませんが、日常的なケアに使うのにはぴったりです。



他にも、シンプルに固形石鹸を使うという方法もあります。固形石鹸はアルカリ性で、洗浄力が高いのが特徴です。


しかし、界面活性剤を残さないので、洗い過ぎないというメリットもあります。

洗いすぎると角質が厚くなってしまいますが、石鹸で洗えば角質が厚くなりにくいです。ほとんどの方はニキビは蒸し暑い夏に発生しやすいと考えていますが、事実はかなり異なります。



夏場は汗をよくかくので、あせもが発生しやすいのは事実です。



しかし、ニキビに関しては汗ではなく皮脂が関係しており、夏場だから特に発生しやすくなることはありません。

意外と発生が多い時期は冬であり、これは乾燥を招くからなのです。


室内では暖房を使用するので空気が乾燥し、お肌の表面もカサカサになっていきます。
肌は乾燥すると過剰に皮脂を分泌してしまうので、肌がテカるようになります。洗顔をするとき皮脂を完全に落とすために石鹸でゴシゴシと洗う方がいますが、結果として皮脂が多くなるでしょう。


皮脂を落とすことは肌状態を整えるために重要なことですが、完全に除去するのは好ましくありません。


美肌クリームを使用すると油分でニキビが発生するという方もいますが、実際には予防効果のほうがずっと高いのです。
洗顔後の乾燥したお肌に油分を与えることで、肌本来のバリア機能を維持できるようになります。
冬場の乾燥対策では、加湿器の使用が効果的です。
喉がイガイガするときは、大抵室内が乾燥しているものです。
室温と湿度に気を配って、乾燥させすぎないようにしましょう。

乾燥対策としてはゆったりと入浴する習慣が役立ちます。

浴室の湿度は100%であり、肌を保湿させるためにベストなのです。
ゆっくりと湯船に浸かることで、肌に水分を与えることができます。
ぬるめの湯に20分程度浸かれば、新陳代謝も活発になってニキビが発生しにくくなります。

関連リンク

subpage02














シャンプーと抜け毛の関係

シャンプーは髪と頭皮を清潔に保つために使用しますが、肌に合わないものを選んだり、間違った使い方をすると髪や頭皮に悪影響を与え抜け毛の原因にもなることがあります。一日に抜ける毛はおよそ50本から100本で、その半分以上はシャンプーで洗っているときに抜けています。...

NEXT
subpage03














正しいシャンプーの選び方

あなたは、お使いのシャンプーにこだわりがあるでしょうか。これしか使わないという銘柄が決まっている方もいれば、買い物に行ったときに安売りのものを買うという方まで、さまざまだと思います。...

NEXT